リャクリャク三略ア~サンサン ep.0 それは・・・橋の上での邂逅から始まった・・・わけでもなければそもそも全く関係ないらしい!

い~い天気だな~~眩しいな~~~ あ~~地獄だな地獄だな~なんて思いましてね 最近暖かいをすぐに越えてすぐ暑いになるし・・・ 窓から差し込む眩し過ぎる日光を見ながらね・・・ 今GWなんだ~って昨日知りましたわ・・・ 道理でここ数日の一日の重苦しさの度合いが違うわけだ・・・ ああハイハイ前回で司馬法が終わりまして次は何にしようかな~と思いながらずっと無計画な状態で・・・ 計画…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.1 上略 第一 「国を亡ぼし家を破るは人を失えばなり」 やけに共感できるような気がするのなぜだろう・・・そりゃ気のせいだからか・・・

自分と同じ考えを持った人間がいるとする・・・その人間とすら意気投合できる自信がないのがオレだわ・・・ 上略 第一 「それ主たる将の法、 務(つと)めて英雄の心を攬(と)り、 有功を賞し禄(ロク)し、 志を衆に通ず」 三略最初の上略の一文目これ有名だそうで・・・モチロン俺には初耳ッス! この一文を読んだだけで「戦の全てが分かった!」と絶叫した日本の武将がいたそうで・・・モチロン…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.2 上略 第二 「純ら剛 純ら強なれば、国 必ず亡ぶ」 勝ち目があるって話だからね・・・必勝の話じゃないからね・・・つまり俺には関係ない話だね!

柔も剛もねえよ強は絶対ないわ弱だけはあるわでも憐れみすら向けられないわ・・・ 上略 第二 「柔よく剛を制す」というのはオレだって聞いたことのある言葉ですわアレでしょ?あの・・・えと・・・あ~・・・・・・どの武道だったっけ? この言葉三略でも出て来ましてさらに続きの文がございまッス 「柔 能(よ)く剛を制し、 弱 能く強を制す」 直訳がこの書き下しのまんまなんで俺にはホワホワ…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.3 上略 第三 「衆心を察し百務を施す」 相手の心理状態を察したつもりで、良かれと思ってやったことが大惨事につながる・・・そうして俺は友達ゼロになりましたとさ・・・

たくさんの情報が一度にドンと来たらどうするか・・・俺は見ようということすらしないようにするねだから新聞は読まない! 上略 第三 「軍国の要、  衆心(シュウシン)を察し百務を施す」 軍にしろ国にしろ全ては兵や民衆の心理状態に基づいてそれぞれに適したことをやるのが大事・・・ 百務・・・つまりたくさん・・・ああタイヘンそうだわ~・・・ 「危うき者はこれを安んじ、 懼(おそ…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.4 上略 第四 「獲りて獲りて獲りて 敵敵敵」 自分でやるかどうかで決まることはちゃんと手順を踏んで、相手による場合はよく見る・・・そんな難しいことできるかい!

手堅いってマジでどうやったら出来たんだろうかと真夜中に天井を見上げながら思うわけですわ・・・ 上略 第四 軍国の要についてた~くさんの羅列をやってくれやがったのが前回でしたが今回も羅列が続きます 原文では前回のと続きであるみたいですがアッチは軍国の要と国政についても兼ねてる一方 今回のコッチは内容的に戦場に近いようで・・・戦場での行動を自分が出来るかどうかにかかかっていること…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.5 上略 第五 「為す者は則(すなわ)ち己」 現場の人間に金払え! 利益を還元しろ!

もらうもんもらったことないから俺は今こんなことになってんだソイツ等のせいだわきっと!この考えは死ぬまで捨てん!死んでも捨てん!絶対に捨てん! 上略 第五 「為す者は則(すなわ)ち己、  有する者は則ち士、  焉(いずく)んぞ利の在(あ)る所を知らん」 やるのは自分自身だけど持っているのは兵士達どうして利がどこにあるかを知らないといえようか ・・・何を言っているのか? 「…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.6 上略 第六 「英雄は国の幹、庶民は国の本」 対価を払わないなら求めるな、・・・俺めっちゃ対価払ってきた気がするんですけどお!ですけどぉぉぉ!・・・気のせいか

自分の所持金数えるほど絶望的になることはない・・・ 上略 第六 「所謂(いわゆる) 士とは  英雄なり。  英雄は国の幹、庶民は国の本(もと)。  その幹を得、  その本(もと)を収むれば、  則(すなわ)ち政 行われて怨み無し」 これまでの兵法でも当たり前に出てきた 「士」というのが どういう存在なのか・・・春秋戦国時代ならかなりのハイクラスなお貴族様だったり教…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.7 上略 第七 (軍讖篇その1) 「一を以て万を取る」 それだけをいきなり見せても意味はない。どういう経緯でそれだけになったのかまで見せないとってね・・・

一度でいいからやってみたいこの世の富の独り占め具体的なイメージはモチロン全く浮かばない! 上略 第八軍讖篇 その1 少し前・・・ 「柔 能く剛を制し、  弱 能く強を制す」 ただし柔剛弱強 全てに利点あり柔弱、剛強、いずれに偏ってもいけず時と場合により使い分けるべし ってのがありましたが これは「軍讖(グンシン)曰く」 という形で表現されていまして 今は失…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.8 上略 第八 (軍讖篇その2) 「軍を統べ勢を持するは将、勝を制し敵を破るは衆」 何かをやる時は失敗する要素をつぶしてからやりなさい。つまりは・・・恩を売りまくれ・・・?

失敗する要素が多いんだものやったらどういうことになるかわかってんだわ俺は・・・ 分かってんだわ俺は!その結果が今だよ!未来がなくなった今だよ! 上略 第八 軍讖篇 その2 今はなき伝説の兵法書 「軍讖(グンシン)」 にはこんなことが書いてありま~す 「将の威をなす所以(ゆえん)は号令なり。  戦うに全勝する所以(ゆえん)は軍政なり。  士の戦いを軽んずる所…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.9 上略 第九 (軍讖篇その3) 「将は楽しましむべし憂えしむべからず」 そういうこと言われたら安直に丸投げにしちまうかな・・・

こんな俺にも適した場所が・・・あってほしいとは思わないこういうところにいるからさ・・・ 上略 第九 軍讖篇 その3 軍讖にこんな言葉がアリマ~ス 「賢者の適する所、その前に敵は無し」 賢者を適切な箇所で使えば無敵! 「故に士には下るべくして驕(おご)るべからず」 だから有能な人材には恩恵を施すことがあっても居丈高になってバカにしちゃあイカン! 「将は楽しましむべし …

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.10 上略 第十 (軍讖篇その4) 「将の謀は密なるを欲し」 揃うも揃わないも本人の姿勢次第、つまり俺の人生もオレのせいってかコノ野郎!・・・否定はしない!

マナー教室って何を教えられる場所なんだかそしてそれが通用する世界ってどんなもんなんだか・・・ 上略 第十 軍讖篇 その4 伝説の兵法書「軍讖」はこういうことを言ってマ~ス 「将の謀は密なるを欲し、 士と衆は一(イツ)なるを欲し、 敵を攻めるに疾(はや)きを欲す」 謀略は知られていないのが良い軍隊は上から下まで一体であるのが良い敵を攻めるなら素早いほうが良い 知られていなけ…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.11 上略 第十一 (軍讖篇その5)「弱を以て強に勝つは民なり」 金をばらまく先は上か下か、たぶん両方っていう感じ・・・?

買収されるってどういう感じなのかね~買収される価値もオレにはないからどんなもんなのかマジわからん・・・ 上略 第十一 軍讖篇 その5 今は存在しない・・・というかどの段階で存在しないことになったのか極めて謎で俺も一切調べようとしない 伝説の兵書「軍讖(グンシン)」 そして教養の著しく低いど素人の俺のお決まりの感想・・・どこかで見た気がする 今回もそんな文です 「これに…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.12 上略 第十二 (軍讖篇その6) 「盗の端、乱の源、国の害」 トップはどんな奴でもいい! ・・・というわけではない! 俺も知ってた!・・・つもり

もしも俺がどこかの組織に入ったとしよう・・・色んな意味でその組織は長くないそんな気がするんだよね・・・ 上略 第十二 軍讖篇 その6 誰が書いたか分からない伝説の兵法書「軍讖(グンシン)」 孫子、呉子、尉繚子、六韜のどっかで見た気がする文だらけな気がするそんな伝説の兵法書「軍讖」 軍讖のどの文が他の兵書のどこから来たのかをいつかまとめようとそんなことははカケラも思ってない…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.13 上略 第十三 (軍讖篇その7) 「佞人を用うれば必ず禍殃を受く」 な~んだ今もそんなに変わんねえジャ~ン。適当に指さしても結構な確立で当たるやつジャ~ン

派閥とかグループとかどんなもんなのかね入ったらいいこととかあるのかね・・・入ったことないから分かんないな・・・ 上略 第十三軍讖篇 その7 それまで存在した古来の兵法書から集めたのか古来の兵法書がコッチから集めたのか 知能自慢が迷路でも仕掛けてんじゃねえかとそう思ってしまう伝説の兵法書「軍讖(グンシン)」 今回のは見たことない気がする・・・ これまでのが記憶にないからもしかし…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.14 中略 第一 「皇、帝、王、覇者」 今と昔は・・・違う! ・・・そりゃそうだろうね・・・

昔か・・・昔か~~ロクなことがなかったな~俺の人生・・・だからといって昔からのやり方を変えられるかって~とモチロン無理ッス! 中略 第一 今回から中略に入ります この略において三略が何のために書かれ上中下がそれぞれどういう狙いで分類されているかが語られるわけでして 上略の手前で語っとけや!橋の上でのエピソードなんかいらんかったやん! ・・・とそれにつきましては別の機会にやろ…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.15 中略 第二 「三略は衰世のために作れり」 こういうことは最初に言え! 最初に! 橋の上、アレなんだったんだよ!

先に言えよ!って何度も言った記憶があるけど実生活のほとんどでは単に俺が聞いてなかっただけだったな・・・ 中略 第二 古典の兵法をネタにした本を買うと だいたい最初か最後でここからここまではこういう話をしてま~すって分かりやすい解説がされてるみたいですが その分かりやすい解説を読むだけでも俺にとっちゃあ重労働でそれ読んだだけでもう満足して・・・そうだ孫子の本はそうやって本棚に積…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.16 中略 第三 「敵国 滅びて 謀臣 亡ぶ」 仕事をやりきったら捨てられる・・・その苦しさはやりきったことがない俺にはモチロンわかりまッセン!

用済みね~~・・・用済みになるには用がないといけないからね俺に用という価値があったことって記憶にないからね・・・ 中略 第三 「高鳥(コウチョウ) 死して 良弓(リョウキュウ) 蔵(しま)わる、 敵国 滅びて 謀臣(ボウシン)亡(ほろ)ぶ」 空高く飛ぶ鳥をとりつくしたら良い弓はしまわれるだろう。同じように敵国が滅んでしまえば謀略に長けた臣下も用無しとなるだろう。 「敵国…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.17 中略 第四 軍勢篇 「軍勢曰くこれ軍の微権なり」 こ~んなに使うのがタイヘンなのならその環境を何とかしようと考えるのが上の人ってことかい・・・

いやいやいやいや・・・俺は死は怖いから死ぬのマジで怖いからだから一応は愚者じゃないからギリギリで愚者じゃないから! 中略 第四 三略の半分を占める上略の半分を占めていた誰が書いたか分からない伝説の兵法書「軍讖(グンシン)」これまでどっかで見たことがある文言が多い気がする伝説の兵法書「軍讖」 今は現存しないけどその存在と内容だけは知られてる佚書 中略にも「軍讖」とは別の伝説の…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.18 下略 第一 「微は乖の階にして乖は亡の徴なり」 賢者と聖人の違いでこ~んなに違いま~す。もちろん現実で見分けることは俺には無理ッス!

楽しいって感覚がどんなだったか最近よく分かんないんだけど・・・ 楽しかった時のほうが探すのがタイヘンだからこれが俺の平常人生だな! 下略 第一 ハイ・・・今回から下略に入ります 中略において言われたように 「下略は 道徳を陳(の)べ、安危を察し、 賢を賊(そこな)うの咎(とが)を明らかにす」 下略では道徳や、何をすれば安全で、何をすれば危険かを推測できるようにし、賢者を排…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.19 下略 第二 「逆は乱の招、順は治の要」 逆が逆で逆もアリじゃね? みたいなそういう考えにはついていけまっせん!

何十年後のこととか何年後のこととか来年のこととか何か月後のこととか 俺に考えれるわけがないッス!五分後のことすら考えられないのにどうしてそんな先のことが!? だから今みたいなことになってんだわ・・・ 下略 第二 下略の場合軍事戦略っつうかほとんど国政戦略のお話で・・・当然実務的なことよりも理念的なべき論ばかりでフワッフワしてる感じがしますわ 俺にとっちゃあ軍事よりもはるかに…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.20 下略 第三 「千里に賢を迎えるはその路 遠し」 賢者と聖人が先か善政が先か、どっちにしたって手柄にする奴はトップだわな・・・

最後にみた戦隊ヒーローってなんだったっけかな・・・最後に見たライダーシリーズってなんだったっけかな・・・ 下略 第三 賢者と聖人賢者と聖人賢者と聖人・・・ ちょっと探してすぐ見つかるか? 下略はこう即答します見つからん! 「千里に賢を迎えるはその路(みち)遠し。 不肖を致すはその路(みち)近し」 賢者を迎えるには千里四方を探さないといけない。バカはそこらへんにいくらでもい…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.21 下略 第四 「賢を求むるに必ずその所以を観ん」 結局探すより自分達で用意しろって見えてくるのは・・・きっと俺の気のせいだな!

自信満々に自分を売り込むそんな経験は俺にはモチロンゴザイマセンそもそも自信もないしやる気もないし一応、恥の概念は持ってるし・・・ 下略 第四 国を強くしてくれる賢者天下を統一させてくれる聖人 しかし賢者は広い範囲を探しても見つかるかどうか分からないのにそうでもないのはそこらへんにいくらでもいるというお話を前にやってたぐらいですから 探すより善政やったほうがいいぜ善政やったら賢…

続きを読む

リャクリャク三略ア~サンサン ep.22 下略 第五 「賢をそこなう者 わざわい三世に及ぶ」炸裂 賢者の呪い! 結局のところ自分の利益を追求したほうがマシってそういうことになってない?

社会に害をなす存在は排除しろ!と俺が叫んだとしましょう真っ先に俺が排除されるそういうイメージしか浮かばないッス! 下略 第五 どっかで見たようなことを何度も何度も確認するように繰り返すそれが三略の基本スタイル 今回もやっぱりそんなスタイル 「賢臣 内なれば則(すなわ)ち邪臣 外なり。 邪臣 内なれば則ち賢臣 斃(たお)る」 能力も高くて清廉な臣下が政治の中枢を占めていれば私利ば…

続きを読む